HOME >  イベント・ニュース > 認知症高齢者グループホームにおける防火安全体制の再確認のお願い

認知症高齢者グループホームにおける防火安全体制の再確認のお願い

6月7日夜、札幌市南区のグループホームで火災が発生しました。幸い全員の無事が確認されております。

日頃より、防火安全体制につきまして各事業所様で鋭意努力されていいると思いますが、今回のニュースを受け、改めて入居者様の安全を確保する為に防火安全体制の再確認をお願い致します。

グループホーム火災についてのニュースについては一般社団法人北海道認知症グループホーム協会のホームページをご覧ください。

消防庁の「グループホームなど小規模社会福祉施設の防火安全対策」についてはこちらをご覧ください。

◆火災時の情報(和田行男氏から情報)◆
・ワンユニット
・二階建て
・居室にてボヤを出しましたがスプリンクラー作動。居室だけの被害で済んだので通常通り運営しているとの事です。
・入居者は、二階の火災自室から屋根伝いに避難したそうで、スプリンクラー合わせて人的被害を出すことはなかったそうです。