HOME >  イベント・ニュース > 札幌市南区のグループホーム火災について(和田行男氏より)

札幌市南区のグループホーム火災について(和田行男氏より)

愛知県の仲間の皆さんへ

先にご一報させていただいた、札幌GH火災の原因は、入居時の持参品チェックでライターを見つけきれず、本人がライターで火をつけたことによるもののようです。

それが事実だとしたら、精神科系の疾患や認知症という状態にある人が入居するGHでは、入居時の持参品確認が不十分で、火の元になるライターやマッチなどを持参したままになっていると、こうした結果を招きかねないということです。

また、スプリンクラーをはじめ『備え』は大事で、家庭的な設えを壊しかねないから反対してきた人たちもいますが、札幌は前の悲惨な札幌GH火災の教訓を『犠牲者ゼロ』に結びつけられたということではないでしょうか。

備蓄、災害訓練、防火点検、食中毒予防など、天災&人災にしっかり備えていきましょう。

世話人 和田行男