HOME >  イベント・ニュース > 新型コロナウィルスについて認知症グループホームに対する助成・支援などについて、愛知県・名古屋市へ要望書を提出いたしました

新型コロナウィルスについて認知症グループホームに対する助成・支援などについて、愛知県・名古屋市へ要望書を提出いたしました

認知症グループホームにおける新型コロナウィルス感染対策及び事業継続に対する助成・支援などについて、感染防止対策についての取り組みや、発生した場合に必要な支援をお願いする要望書を、7月7日、山本会長より愛知県と名古屋市へ提出いたしました。

愛知県の岩月課長より、新型コロナウィルス感染症に係る国の第二次予算が成立したことに伴い、6月県議会に関連する補正予算を提出しており、県補正予算成立後、交付事務を進めていく旨説明がありました。申請方法等詳細については決定次第お知らせくださるとの事です。
詳細については新型コロナウィルス感染症緊急包括支援交付金(介護分)をご参照ください。

名古屋市の井上課長と新型コロナウィルスの第2波・第3波について意見交換をさせていただき、要望について可能な限りの支援を快諾していただきました。

愛知県福祉局高齢福祉課(介護保険・人材確保) 課長 岩月様

名古屋市健康福祉局介護保険課 課長 井上様